一人暮らしが変な性格へ導く

今現在、一人暮らし突入2年3か月目。実家へ帰郷回数はゼロ。連絡もメールを数か月にある程度、気が向く時オンリー。

それも向こうが送って来た時のみ。重要性がある時だけ。面倒臭がり屋な俺は、こうゆうメールが来た時、すぐには返信せず、寝かす。

勿論、催促が来る事もあれば、忘れられる事もあろうが、面倒ゆえ即返信は拒否。一人暮らし始めてから・・・?

自分は凄く怠惰で傲慢と化し、周囲を遠ざけ、孤立を深めとる気がしてならねー。無論、以前実家で居候ライフを享受してた時分、我が身は傲慢、横着と感じぬ、多少は存在。

けれど、一人暮らしを長く続けていく中では、より一層感じてならぬ。何故?理由は不明。推測するに、誰も自分を咎めず、不快発言が耳に入らず、誰とも干渉せぬがゆえ・・・と。

全部、一人暮らしが招いた種、災い。長所を恵む反面、短所も然り。嗚呼、生涯この様に考え、絶望生活が延々、何十年続くかと思えば、苦痛で逃げ出す気さえ湧く。

まー、根性不足、出来ぬ行動だ。本当、軟弱者。

手土産として持参

去年の夏、旦那と北海道余市町にある、ニッカウヰスキーの工場見学に行った。

NHK朝の連続テレビ小説の「マッサン」の放送終了後間もないと言う事もあり、想像以上に人がごった返してたことを覚えている。

せっかく来たのだからと、旦那に工場限定発売のウイスキーを買ってあげ、私は飲めないので代わりに、アップルワインなるものを購入。

しかし、なんとなく封を開けずに一年近くなった。友人の家でお泊り宴会することになったので、これを手土産として持参し飲んでみることを提案すると、即座にOKをもらった。

ものすごく甘ったるいのを想像してた私なのだが、トニックウォーターで割って一口飲むと、ブランデーのような芳醇な香りはあれど、ベタベタした甘さは皆無。

スッキリして飲みやすいことこの上無いのだ。なぜもっと早く飲まなかったんだろう・・・と後悔するほどの美味しさだった。

結局、720mlボトルの3分の2を開ける事に。これ、また買いまーす!

サイパンカジノは長年の憧れと夢

今日はアルバイトが休み、急遽休日出勤を命じられ、土曜休み返上で一日労働。辛いけど、俺は時々思う。苦労、激務と日々感じ、何になる?逆を考えろ、逆転の発想。

そうか、なら、俺は…時間外労働で来て最高だった!ハッピーデイ!サイパンカジノ?行きたくねぇ!嗚呼…何か、無理。

逆に凹む、やっぱ駄目。辛さを幸福へ変換?出来る筈も無く、サイパンカジノへ行きてぇと思う気持ちも…嘘はつけぬ。

昔から憧れてるんだよ、あのサイパンカジノに。当然、写真位しか見た事ねーけど、もー大好き、最高。

永住で日々水泳や、美人とパラダイス気分をエンジョイ希望!ま、言葉喋れねーけど大丈夫。ほら、愛さえあれば…。

サイパンカジノかぁ…。将来、幾つで住めるだろう。と、2年前俺は考えたが、今まで結局一度たりとも訪れる事はありません。

我が息子、お前が父すら叶わなかった願い、叶えよ…絶対。そして、墓前にアレが地の砂を捧げ。

現在日本では実用化されてない

ここ最近、電力に興味を持っている私。

来月から始まる、電力完全自由化の件もあるので尚更である。原発反対!なんてことは全く考えてなく、早く原発の再稼働をしてもらって、電気料金を安くしてもらいたいと思ってる方だ。

発電方法には火力、風力、水力など様々な方法があるが、たまたま地熱発電をテーマにしたドラマをDVDレンタルした。

WOWOWで放送された「マグマ」という作品。舞台は震災後の日本。原子力の代替エネルギーとして地熱発電に注目が集まる。実用化は夢なのか、それとも叶うのか。

政治家の利権争いにも巻き込まれながら、日本の未来エネルギーの是非を問う社会派ドラマ。

主役は私が嫌いな尾野真千子という点は少し微妙だったが、シリアスなストーリーなので、いつもの彼女が醸し出す勘に触る演技が無かったのが、これ幸いだった。

作品中で研究されていた高温岩体発電は、現在日本では実用化されていない。是非、現実のモノにしてもらいたいものだ。